全福センター
文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

事業案内・Q&A

慶弔給付事業

入会後の事由に対し、1年以内で申請してください。→ 詳細はこちら


宿泊補助事業

1年度1回宿泊補助、(個人宿泊・事業所の慰安宿泊)→ 詳細はこちら


健康管理事業

人間ドック、脳ドック、インフルエンザ予防接種、その他  → 詳細はこちら

自己啓発支援事業

→ 詳細はこちら

その他事業

毎月の会報誌(事業申込)、放折込広告について  → 詳細はこちら


【Q&A】

Q1:入退会の連絡は?
A1:入退会は、毎月末(12月は、12/25)までに「会員異動報告書」を事務局へFAXまたは、メール。(必着)加入は、次月に加入。退会は、当月退会です。
Q2会費の手続きは?
A2:4月、7月、10月、1月の会費請求月に清算されます。基本3か月前納です。

Q3:評議員って誰
A3:加入時に1名指定いただいた方です。事業所の会員に対して事業の周知・広報および事業の推進を行うとともにセンターの運営に協力していただく方です。具体的には、申請書に押印やニュースの配布、当否連絡、チケット配布・集金などです。

Q4:夫婦で会員の場合給付金は
A4:それぞれに受給資格があります。(出生・入学・卒業祝金、実親・義理親弔慰金など)

Q5:給付金の添付書類はコピーでいいの
A5:添付書類もコピーおよびメールでOKです。令和3年4月からは、申請書もFAXまたはメールでの申請が可能です。

Q6:会員証および会員番号とは
A6:会員証は、加入時に配布します。退会の際は、回収します。会員番号は9桁の数字で、申込の際は、‐(ハイフン)も入力してください

Q7:ニュースの申込用紙は
A7:指定の用紙はありません。白い紙に分かるように記入して、FAXまたはメール。ホームページからシステムを利用して申込してください。

添付ファイル
給付関連注意事項